大きなシミやほくろがあるけど、脱毛は出来るの?

脱毛しようかと考えた時に、希望する部位に大きなほくろやシミがあると、施術できるのかどうか心配になりますよね。脱毛はしてみたいけど、大丈夫なのかどうか悩んでいる方は案外多いようです。

 

サロンやクリニックで行われる脱毛の施術は、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛などの特殊な光を使います。それはメラニン色素に反応する仕組みになっているので、メラニン色素の塊であるシミやほくろにも反応するんですね。脱毛器はシミやほくろなのか、毛根かの判断は出来ませんからね。

 

ほくろやシミに反応してしまうと周りの肌細胞にダメージを与えて、しかも毛根には反応が弱く、効果が得られないなんてこともあるのです。それどころではなく、ほくろやシミの部分がやけどのような状態になってしまうこともあって、大きな肌トラブルになってしまうのです。酷いときはほくろがガン細胞に変わってしまうことも考えられるのです。

 

ではどうするかというと、通常はサージカルテープやバンドエイドなどでシミやほくろを隠して施術を行ってくれます。隠してしまえば光は反応しないので、基本的には心配することはないのです。

 

もう一つ気がかりなのは、ほくろはメラニン色素の塊ですから、ムダ毛がはえていることが多いのです。抜くのはほくろが大きくなるなどのトラブルになることもあるので、出来れば脱毛したいですよね。

 

そんなときは光脱毛ではなく、サロンで一番古くから使われている電気針を使ったニードル脱毛という方法を使用します。これは毛穴の1本1本に特殊な針を刺し、電気を通して脱毛する方法で、時間が掛かることや痛みがきついことであまり人気が無いのです。でも部分的なシミやほくろくらいの大きさならそんなに時間もかからず痛みも少しで済みますから、どうしても脱毛したい場合にはニードル脱毛がお勧めです。

 

せっかく脱毛するなら1本残らずなくしてしまいたいですからね。光脱毛とニードル脱毛を併用すると効果的なのです。